会長方針

 

広島南ロータリークラブ 2021−2022年度

会長方針

「困難に学ぶ」

会長 中村 靖富満

 「人類の歴史は感染症との闘いの歴史」といわれます。誰もが予想もしなかった新型コロナウィルス感染症の世界的な拡大により、私たちの命や生活が脅かされています。
広島南ロータリークラブの活動も、竹内年度(2019−2020年度)の後半から佐伯年度(2020−2021年度)にかけて、大幅な内容の変更・縮小そして中止を余儀なくされました。そして新たな年度でも、既にいくつかの事業については、これまでの慣例通りのプログラムが実施できない状況となっています。
現在の私たちの有為で活発な活動は、65年の歴史と伝統に支えられています。しかしながら、過去を踏襲することで必ずしも正しい答えが導きだせないこの混沌とした状況の中でのかじ取りは、大変困難なものと考えます。これまでの輝かしい歴史を築いてこられた先達の勇気ある行動をお手本に、会員の皆様の英知を集め、工夫を凝らして運営にあたることで、66年目の新たなページを重ねていきたいと思います。

<重点方針>
1.会員相互の親睦と奉仕活動の実践
例会をはじめ各種会議・諸行事への参加を会員に勧奨し、親睦を深め友情を育んでいきます。開催方法については、コロナ禍の状況に対応して適切な形を模索し提案していきます。
五大奉仕(クラブ奉仕・職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕・青少年奉仕)については、活動範囲が制限される可能性のある中で、会員一人ひとりが今できる身近な課題に取り組むことで、活気あるクラブづくり、豊かな地域社会の創造、世界平和と相互理解を推進していきます。

2.新入会員の勧誘と獲得
南ロータリーは入って良かったと思える朗らかでかつ品格のあるクラブです。会員増強は非常に困難な状況下ではありますが、会員数100名を目標に掲げ、全会員で情報収集と勧誘を行い、私たちとともに活動する仲間を増やしていきます。

3.井内ガバナー輩出に向けての準備
RI2710地区2023−2024年度ガバナーに井内康輝会員が内定しています。2年後のガバナー輩出に向けての具体的な準備をスタートする年度と位置付け、クラブ内や地区との調整を進めていきます。


 


 

 

 


HIROSHIMA SOUTH ROTARY CLUB All Right Reserved.