|ゴルフ同好会 | 歴史から学ぶ会 | マナーとしての茶道入門 | 釣り同好会 |

 写真同好会

広島南ロータリークラブ30周年記念誌に竹林清三会員が書かれた文によればこの同好会は昭和37年(1962年)7月に発足している。当時、松尾明氏を中心として、竹林清三、尼子清松、野村慶一、吉田孝一、藤野勇太郎ら14名の会員で構成されていた。当時二科会・会友の山本義蔵氏を指導者として毎月欠かさず例会を開き、又室内、屋外の撮影会、作品を持ち寄って研修会を開くなど努力した結果、上記5会員は二科会・会友に推挙されている。デパートなどを会場とした写真展も開催されたということである。

当ロータリークラブの名物となっている年末の年男撮影会は昭和39年から始まっており翌年の新年早々の例会でアルバムとして本人に手渡される慣例となってきた。残念なことに同好会主要メンバーの老齢化に伴って撮影会は平成8年末を最後に中止されていた。

平成13年当時の巣守会長から旧メンバーに同好会を再度組織して年男撮影を続けてほしいとの要望が出された。平成13年9月から8名のメンバーで同好会を再開し同年12月に年男撮影会を行い、翌年1月の例会時にアルバムを各年男の方々にお渡しする事が出来た。


現在の同好会の行事は上記年男アルバムの作成の他に会報の表紙写真を雑誌広報委員会に推奨するために毎月最終例会後課題作品批評会を開催している。この会はオープン会として同好会員以外の参加を積極的に歓迎している。

【各月の課題】

4月 … 桜、花見
5月 … 青葉、連休
6月 … 雨
7月、8月、9月 … 自由課題 
10月 … 秋
11月 … 紅葉
12月 … 初冬
1月 … お正月
2月 … カンボジア関係
3月 … 早春 

会員以外の作品も歓迎します。


>> ギャラリーはこちら

 


HIROSHIMA SOUTH ROTARY CLUB All Right Reserved.