|ゴルフ同好会 | 歴史から学ぶ会 | マナーとしての茶道入門 | 写真同好会 |

 釣り同好会規約

この規約は広島南ロータリークラブにおける釣愛好者の親睦を図ることを目的とし、自然に親しみ環境の保護を守り、常に自覚と誠意をもってこの規約を遵守するものとする。


1. 会員資格及び入会

広島南ロータリークラブの会員を以って構成する。
また入会については本人の申請によるものとする。


2. 役員

常任の役員を以下のとおり各1名ずつ設ける。役員は本会の管理、運営を行う。

[会 長]
釣同好会を代表し、釣同好会の活動を統括管理し、総会の議長を務める。

[副会長]
会長を補佐し、会長が不在の場合はその職務を代行する。

[会 計]
釣同好会の活動を記録し、金銭の管理を行い、総会において会計報告を行う。

尚競技の管理、運営については、その都度会員の中から選出された幹事が行う。


3. 総会

総会は会員をもって構成する。通常総会は年度毎に会長が招集開催し、臨時総会は必要に応じ会長が招集したときに開催する。また総会においては、次の事項について検討し、決定を行う。

1) 規約の改廃、変更に関すること。

2) 役員の選出に関すること。

3) 活動計画、活動報告に関すること。

4) 補金の使途、用途の決定に関すること。

5) その他、役員が必要と認めた事項。

尚総会の成立は会員全員の出席とし、決議は会員の過半数の賛同をもって決定する。


4. 参加者の遵守事項

1) すべての参加者は、スポーツマンシップとロータリー精神にのっとり明朗かつ 公正に行動する。

2) 参加者は実釣中、幹事の指示に従い行動する。

3) 参加者は、時間厳守を旨とし、競技中は速やかに行動する。

4) 参加者は、各自で持参した用具、装備、携行品等について各自の責任において 管理する。


5. 参加者による損害の補償

1) 参加者は実釣中における事故又は、第三者に損害を与えた場合その責任は各自 が負うものとし、自己の責任において一切を解決する。

2) 本会の幹事及び役員は、発生した事故等の対応と解決に最大の努力を尽くすこ とは勿論であるが、参加者のいかなる損害及び他に及ぼした損害に対し、本会は補償責任を負わない。


6. 本規約及び会員資格期限

1) 本規約の有効期限は、平成15年7月1日から平成16年6月30日までとす る。

2) 会員資格の有効期限は、平成15年7月1日から平成16年6月30日までと する。

3) 期間満了に際し、別段問題がない場合は、本規約及び会員資格は同一条件をも って更に一ヵ年自動的に更新されるものとし、爾後もまた同様とする。


7. 退会

会員が次の各項のひとつに該当するときは、本会を退会するものとする。

1) 自己都合により退会を申し出たとき。

2) 公平性、安全性を損なう行為を行い、本会よりの注意、勧告を受け入れないと き。

3) 会員として活動を継続する意思が確認できないとき。


付則
1. 本規約は、平成15年7月1日より実施する。

平成15年7月1日






>> 釣り同好会に戻る

 


HIROSHIMA SOUTH ROTARY CLUB All Right Reserved.